2006年9月17日 (日)

二人の人物と犬

「芸術の秋」と言う訳でもありませんが、丸の内で見かけた犬にまつわるオブジェをご紹介します。

Dscn3558

『二人の人物と犬』  デトレフ・クラフトさん(ドイツ)の作品だそうです。

芸術の知識に乏しいオジサンですが、丸の内のオブジェを見て回っているときに目に留まりました。
犬に関した作品でしたので紹介してみました。


なぜオブジェ鑑賞か?って
実は私が勤務しているオフィスビルの前に今月初めから2頭の牛さんが現れました。

何だろう?  
好奇心旺盛(いや、野次馬根性的)なオジサンは、さっそく この牛さんを調べてみました。

「COW parade TOKYO in marunouchi 2006」 (カウパレード)
といって、世界のアーティストが実物大の牛に自由にペインティングしたオブジェが65体展示しているそうです。

日比谷公園から東京駅北口まで、休日を利用して回って見てきました。
どうせなら全部見ないと気が済まないオジサンですが、残念ながら63体止まり。
霞ヶ関と竹橋は行動範囲外なので残る2頭のアーティストさん、見に行けなくてゴメンナサイ。

興味のある方は、マイフォトにUPしましたのでご覧ください。
なお、このイベントの詳しい内容はオフィシャルサイトで!
http://www.cowparadetokyo.com/

SINCE'2006/May

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

海って広いね〜

  • ん〜 すこしよくなったよ〜
    海の水を飲み過ぎました

快適カーライフ      

  • Honda Dog
無料ブログはココログ